ar-c-d ar-c-l ar-c-r ar-c-u ar-d ar-l ar-r ar-u cloud corp dl globe indivi key license lock logo-digion-color-bk logo-digion-color-wh logo-digion-mono mail out remote search-s search spe tree wave home3 office newspaper pencil camera headphones music connection files-empty file-text2 file-picture file-music file-play copy stack price-tag phone envelop location compass2 map map2 history clock clock2 bell display laptop mobile mobile2 tablet tv bubble bubble2 search2 zoom-in zoom-out key2 lock2 unlocked wrench cog hammer pie-chart stats-dots stats-bars stats-bars2 cloud2 cloud-download cloud-upload sphere earth flag attachment notification plus minus info cancel-circle blocked cross checkmark play3 pause2 stop2 volume-medium volume-mute arrow-up arrow-right arrow-down arrow-left arrow-up2 arrow-right2 arrow-down-right2 arrow-left2 circle-up circle-right circle-down circle-left checkbox-checked facebook2 instagram spotify twitter youtube

ホームネットワーク技術

スマホで撮った写真をテレビで表示したり、レコーダーに録画した番組をスマホで再生するなどといった家庭内でのコンテンツの共有を可能にするソリューションの一つにホームネットワークがあります。ホームネットワークとは家庭やオフィスなどの閉じたセグメントのネットワーク内につながる機器間で通信する仕組みを表します。その中でも特にデジオンでは「ホームネットワークを使ったマルチメディアコンテンツの共有」に力を入れて取り組んでいます。

ホームネットワークのコア技術として UPnP は広く用いられています。UPnP とはプラグアンドプレイの概念をネットワークに拡張したものであり、特別な設定やものを必要とすることなく、既存のインターネットプロトコルのみを用いて機器間で通信を行えることが大きな特徴です。UPnP はネットワーク上での汎用的な通信方法のみを規定する UPnP DA とその上位にある UPnP DCP に分別されています。マルチメディアの取り扱いに特化した仕様は UPnP AV として UPnP DCP 内に規定されていて、広く利用されてきています。

UPnP AV に対応した製品はテレビやPCなどの数多くの種類で展開されていて、その数は膨大となります。数多くのメーカー間でつくられた UPnP AV 対応機器の接続性を向上するために策定されたのが DLNA ガイドラインです。DLNA ガイドラインに対応した機器は、DLNA で規定された認証試験に合格しているため、より高い相互接続性を有しているといえます。デジオンの UPnP AV 対応機器はこの DLNA ガイドラインに準拠しており、より多くの機器とつながるように取り組んできています。

DLNA ガイドラインでは機器の役割に応じて以下のようなクラス名で分類しています。

  • DMS (Digital Media Server)
  • DMR (Digital Media Renderer)
  • DMC (Digital Media Controller)
  • DMP (Digital Media Player)

DMS はコンテンツを公開および配信するのが主な役割です。
DMR はコンテンツを再生するためだけの機能を有します。
DMC は DMS が公開するコンテンツをブラウズした上で DMR に対してそのコンテンツの再生指示を行います。
DMP は DMS が公開するコンテンツをブラウズした上でそれらを再生する機能を有します。

ネットワーク上に DMS と DMP の二種類を用意することでホームネットワークを簡単に体験することができます。DMP の代わりに DMC と DMR を用いることでも同様ですが、この場合は再生制御する機器と再生機器が分別されるのが異なります。

コンテンツを配信する DMS の存在はホームネットワークには欠かせないものとなります。ホームネットワーク上での DMS の主な役割は以下となります。

  • ホームネットワーク上に公開するコンテンツの探索
  • 公開コンテンツからメタ情報の抽出し、それらを XML 形式(DIDL-Lite)に集約してホームネットワーク上に公開
  • 自身が持つ HTTP 等のサーバーよりコンテンツの配信

デジオンでは長い年月をかけて様々なタイプの DMS の開発を行ってきています。フォトやオーディオやビデオコンテンツを取り扱うものから始まり、録画されたテレビ番組を著作権保護技術を用いてスマホやテレビ等に配信するソリューションは注力してきています。録画されたテレビ番組は、テレビやレコーダーからデータを取り込んだり、逆に送り込んだりすることも可能となります。mp3 のような非可逆圧縮コンテンツをハイレゾ化した上で配信時する DMS も手掛けてきています。