株式会社デジオン 株式会社デジオン selectcat-all selectcat-embed selectcat-pc selectcat-sdk selectcat-service mail search-s cloud key license lock remote search spe wave file-empty files-empty cart checkmark facebook2 twitter youtube youtube2 appleinc android windows windows8 file-pdf
HOME NETWORKS

ホームネットワーク事業

わたしたちデジオンは、
「DiXiM (ディクシム) 」ブランドによって確固たる地位を築いてきた
ホームネットワーク分野のリーディングカンパニーです。

ホームネットワーク

ホームネットワーク創生期より培ってきた
ノウハウと実績で、幅広いニーズにお応えします

ホームネットワークとは、デジタル機器内のコンテンツデータを、家の中にある複数の機器間でやりとりするための仕組みをいいます。デジオンは、2003年からホームネットワークに対応したソフトウェアを開発し続けており、ホームネットワークの普及を目指して発足した国際的な業界団体「DLNA」には2003年から加入しています。DLNA Certifiedロゴを最初に取得したのもデジオン製品でした。

DLNA

わたしたちは、ホームネットワーク創生期より培ってきたノウハウと実績で、デジタル放送番組のホームネットワーク上での共有に必要なDTCP-IP、DTCP+仕様、DLNAガイドライン、そしてUPnP規格に基いたホームネットワーク用途のアプリケーションソフトウェアを、 PC・デジタルAV家電機器・モバイル機器の各種プラットフォーム向けに提供しています。また、OEM向けカスタマイズ版アプリケーション、組み込み機器用ミドルウェア、あるいはソフトウェア開発キット (SDK)としてライセンス供給することも可能です。

相互接続性の高さで評価される「DiXiM」

ホームネットワーク分野において「DiXiM (ディクシム) 」ブランドは、確固たる地位を築いており、日本および海外のモバイル機器・家電機器・パソコンメーカーで採用され、DiXiMシリーズのソフトウェアを搭載した製品は、2016年末までにワールドワイドで6000万台以上出荷されております。
シリーズ製品は、相互接続性の高さでは定評があり、業界内では標準的な実装として認められています。

DLNA

世界初のデジタル放送録画番組の宅外視聴を実現

その中でも、P2P通信を利用したDiXiMリモートアクセスサービスは、2013年2月に世界で初めてデジタル放送録画番組の宅外での遠隔視聴を行う「DTCP+」のリモートアクセス機能を実現しました。
これにより宅外のプレーヤー機器から宅内のサーバー機器へアクセスして、保存された動画や音楽、写真などのマルチメディアコンテンツが視聴可能となりました。現在、レコーダー等で録画したデジタル放送番組や放送中の番組の宅外からの視聴が「DiXiMリモート視聴ソリューション」としてモバイル機器・家電機器・パソコンメーカーに採用されています。

DLNA
CONTACT USお問い合わせ

受託開発から技術提供、サービス協業まで、幅広いニーズにお応えします。
まずはお気軽に、お問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら