株式会社デジオン 株式会社デジオン selectcat-all selectcat-embed selectcat-pc selectcat-sdk selectcat-service mail search-s cloud key license lock remote search spe wave file-empty files-empty cart checkmark facebook2 twitter youtube youtube2 appleinc android windows windows8 file-pdf

デジオン、IoT時代のセキュリティに向けた新たな取り組みとして「DiXiM スマートライフソリューション」を発表 〜Kaspersky Labと戦略的パートナーシップを提携〜

株式会社デジオン
デジオン、IoT時代のセキュリティに向けた新たな取り組みとして DiXiM スマートライフソリューションを発表〜

株式会社デジオン(本社:福岡市早良区、代表取締役社長:田浦 寿敏、以下 デジオン)は、近年のIoT/スマートホーム市場の急速な拡大を背景に社会的課題となってきているIoTデバイスのセキュリティ対策において、ホームネットワークにおけるIoTデバイスのセキュリティ課題を多角的に解決するネットワークサービスシリーズ「DiXiM スマートライフソリューション」を展開することを発表します。
これにあたり、巧妙化するネット犯罪に対して世界最高水準のセキュリティ機能を提供し、世界的評価機関による性能比較テストで最高評価をとり続けているKaspersky LabとIoTデバイスのセキュリティ対策分野において、戦略的パートナーシップを提携します。

DiXiM スマートライフソリューションとは

昨今、IoT/スマートホーム市場の急速な拡大において、セキュリティ対策が充分にとられていない家庭内のIoTデバイスがネットワークに接続されたまま長期間利用されるというセキュリティリスクが懸念されています。実際、家庭内のIoTデバイスを狙ったサイバー攻撃は2015年から2016年で約5.8倍に増加し(NICTER観測レポート2016より)、その攻撃パターンも益々複雑化・巧妙化してきています。
例えば、ネットワークカメラの覗き見の手段においても、ID/パスワードの乗っ取り、盗聴や傍受、マルウェア感染によるものなど、いくつもの手段があり、そのための対応策も複雑になってしまいます。また、一度対策を施しても、攻撃側も益々巧妙化していくことから、パソコンなどの機器よりも非力なコンピュータを搭載することの多いIoTデバイスにおいて、その攻撃を防御し続けることは大変難しいことです。
これらの状況から、スマートホームやIoTソリューションを提供する多くのメーカー・住宅・サービス企業においては、十分な対策が難しく、新しいサービスや利便性を提供したくとも常にリスクと隣り合わせとなるといった課題があります。

このような課題を解決するために、デジオンは、これまでホームネットワーク内のマルチメディアコンテンツ共有システムをサービス展開する中で蓄積した、クラウド技術やセキュアシステム構築技術、組み込み開発のノウハウを駆使し、ホームネットワークに接続されたIoTデバイスをターゲットに、セキュリティ強化、機器情報のみえる化、機器管理などの安心・安全を実現する「DiXiM スマートライフソリューション」を展開していきます。
デジオンの提供するスマートライフソリューションでは、Kaspersky Labと提携して実現するセキュリティ機能組み込みサービス「DiXiM Security」を軸として、さらに機器認証による不正アクセス防止サービス「DiXiM Secure Link」や、デバイスの状態を監視するモニタリングサービス「DiXiM Device Monitoring」といったサービスを組み合わせることで、多角的・一元的に、スマートホームやIoTソリューションを提供する企業が抱えるセキュリティ課題を解決します。

DiXiM スマートライフソリューションのサービス構成
DiXiM スマートライフソリューションのサービス構成
  • ホームネットワークセキュリティサービス DiXiM Security

    ホームネットワークの入り口となるネットワーク機器にセキュリティ機能を搭載し、サイバー攻撃の侵入を早い段階で検知、アクセス遮断することで、家庭内のネットワーク接続デバイスに対する攻撃を防ぎます。これにより、スマート家電やIoT機器などセキュリティの導入が難しい機器も、サイバー攻撃の脅威から守ることができます。
    デジオンがこれまで蓄積してきた技術や経験から、ネットワーク機器側のユーザーランドへの組み込みによりネットワーク機器の開発負荷を抑え、かつレピュテーション、コンテンツフィルタリングなど多段階での高度なセキュリティ保護を実現しました。

  • IoTセキュア認証サービス DiXiM Secure Link

    IoT機器とアプリのペアリングによる認証を導入することで、IoT機器とアプリ間の接続を証明書で管理し、不正なアクセスやなりすましを防ぎます。
    従来のDiXiM製品における、ペアリングやリモートアクセスを応用した技術であり、今までの実績を元に、セキュリティ面・運用面・接続性などにおいて品質の高いサービスを提供します。

  • IoTデバイス集中管理サービス DiXiM Device Monitoring

    家庭内のIoTデバイスの状態把握・故障診断を行い、サービス提供側からの遠隔操作・一括管理を可能にすることで、問題発生時のスピーディーな対応支援を可能にします。
    既に複数のサービスで運用を開始しており、確かな実績のあるサービスとなっています。

Kaspersky Labのテクノロジーアライアンス部責任者、アレクサンドル・カルピツキー氏(Alexander Karpitsky)は次のように述べています。
このたびの株式会社デジオン様との戦略的パートナーシップ締結を喜ばしく思います。
家庭用IoTデバイスは通常安価で大量消費市場向けに製造されており、アクセス制御とデータ保護にはほとんど注意が払われていないため、悪質なサイバー犯罪者の必然の標的となっています。
弊社は、サイバーセキュリティ分野のエキスパートとして20年以上、法人と個人のお客様に最先端の保護を提供してきました。Kaspersky Anti-VirusおよびKaspersky Web Filtering SDK(ソフトウェア開発キット)の両製品により、家庭用IoTデバイスへの攻撃を迅速かつ確実に検知することが可能になります。弊社のテクノロジーと株式会社デジオン様の包括的な機能と使いやすさの組み合わせは、IoT環境の脅威から多くの家庭を保護することができます。
株式会社デジオン 代表取締役社長 田浦寿敏は次のように述べています。
このたびのKaspersky Labとの戦略的パートナーシップ締結を、大変喜ばしく受け止めております。
増え続けるIoTデバイスは、設置が容易である反面、サイバー攻撃の対象にもなりやすく、IoT市場における一般家庭に向けたセキュリティソリューションは重要な要件となっています。
このような状況を背景に、デジオンは、IoT/スマートホームに安心・安全を軸とした新たな価値をもたらす「DiXiMスマートライフソリューション」の展開を開始し、新たに締結するKaspersky Labとの戦略的パートナーシップを通じて、IoT/スマートホームのセキュリティを強化・推進し、豊かな暮らしの実現を目指します。

■関連リンク
■商標について
  • 「デジオン」「DiXiM」は株式会社デジオンの登録商標です。
  • その他、記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。
■Kaspersky Lab について

Kaspersky Labは、IT上の脅威から世界を守る「Save the World from IT threats」をミッションとするITセキュリティソリューションベンダーです。1997年の設立以来、ITセキュリティ市場におけるテクノロジーリーダーとして、大企業から個人ユーザーまで幅広いお客様に効果的なセキュリティソリューションを提供しています。また、サイバー犯罪の撲滅を目指し、インターポールをはじめとする世界中の法執行機関に対して、脅威インテリジェンスの提供や捜査への協力を積極的に行っています。事業展開は200の国と地域にわたり、ユーザーは全世界で4億人を数えます。

■株式会社デジオンについて

株式会社デジオンは、ネットワーク、マルチメディア、セキュリティに強みを持つソフトウェア開発メーカーであり、特に、ホームネットワーク分野において同社製品ブランドであるDiXiMによって確固たる地位を築いたリーディングカンパニーです。1999年に設立。福岡本社のほか、東京にブランチオフィスを設け、その製品は日本および海外のモバイル機器・家電機器・パソコンメーカーでご採用いただいています。 詳細は、https://www.digion.com をご覧ください。

CONTACT USお問い合わせ

受託開発から技術提供、サービス協業まで、幅広いニーズにお応えします。
まずはお気軽に、お問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら