DigiOn|株式会社デジオン

PRODUCTS|製品情報

DTCP-IP対応DiXiM Media Server

製品に関するお問い合わせ

製品ハイライト

日本国内におけるデジタル放送番組や、プレミアムコンテンツをホームネットワーク上で共有するために用いられる伝送路の暗号化技術がDTCP-IPです。 DTCP-IP対応DiXiM Media Serverは、DLNA Certified™ DMSであるDiXiM Media Serverシリーズをベースに、DTCP-IP配信機能をはじめ、DTCP-IPムーブ・コピー受信機能やDTCP-IPムーブ・コピー送信機能をも追加した高機能サーバーアプリケーションです。

DTCP-IP配信機能

サーバー機器上に保存されたプレミアムコンテンツファイルを、DTCP-IPを用いて暗号化してプレイヤー機器に配信します。DTCP-IPではサーバー機器とプレイヤー機器間で相互に機器認証を行った上で暗号化通信を行うため、コンテンツが不正に流出することを防いでいます。

DTCP-IPムーブ・コピー機能

著作権保護されたプレミアムコンテンツのファイルは、一般的には、保存されている機器と紐付けされた形で暗号化されているため、そのファイル自体を他機器上にコピーしたとしても再生することができません。これによって不正なコピーが生成されることを防いでいますが、エンドユーザーの利便性の観点では不満が残ります。そこで、コンテンツファイルを他機器に正規の手段で移動する方法の実装が望まれています。これをホームネットワーク上の機器間で実現するのが DTCP-IPムーブ・コピー機能です。DTCP-IP対応DiXiM Media Serverは、DTCP-IP 1.2で追加された最新の規格に基いて実装を行っています。 例えば、ダビング10に対応したデジタル放送番組では、録画機器から他機器に9回までダビング (DTCP-IP Copy)することが可能です。DTCP-IP対応DiXiM Media Serverは、デジタル放送用TVチューナーおよび録画アプリケーションと組み合わせて、録画したダビング10対応番組をDTCP-IPムーブ・コピーで送信する機能を追加できます。また、これらの機器からDTCP-IPムーブ・コピーとして送出されたコンテンツを受け取るDTCP-IPムーブ・コピー受信機能も追加できます。DTCP-IP ムーブ・コピーで受け取ったコンテンツは、DTCP-IP配信を行ってホームネットワーク上のプレイヤー機器で再生することができ、更に他のサーバー機器にDTCP-IPムーブで移動させる「再ムーブ」も可能です。
このようにして、プレミアムコンテンツの著作権を保護したまま、サーバー機器間でのコンテンツの移動が実現できます。すなわち、ユーザーによるコンテンツライブラリの自由な構築が容易に行える環境が整ったと言えるでしょう。