DigiOn|株式会社デジオン

PRODUCTS|製品情報

DTCP-IP対応機器の開発を加速するDiXiM DTCP-IP SDK

DiXiM DTCP-IP SDK
日本国内のデジタル放送番組をホーム・ネットワーク上でストリーミング配信を行う際に必須とされているDTCP-IP 1.1に加え、コンテンツのムーブ操作を実現するDTCP-IP 1.2にも対応しています。DTCP-IP 1.2のSourceおよびSinkデバイスの双方に対応可能です。DiXiM DTCP-IP SDKをDiXiM DMS SDKと組み合わせることによって、DTCP-IPストリーミング配信およびDTCP-IPムーブ送受信に対応したサーバー機器を構築できます。また、 DiXiM UPnP SDKと組み合わせることで、DTCP-IPストリーミング再生対応のプレイヤー機器やレンダラー機器、そしてDTCP-IPムーブ対応の機器を開発することができます。
暗号化エンジンはハードウエアおよびソフトウエアの両方に対応可能です。
日本国内向けのDLNA対応製品として、DTCP-IPへの対応は欠かせない重要機能だと言えるでしょう。デジオンでは、DTCP-IP対応サーバーおよびプレイヤーを実現するためのアプリケーションソフトウェアやソフトウエア開発キット (DTCP-IP SDK)を、組み込み用途とパソコン向けの両方に提供しています。DiXiM DTCP-IP SDKは、デジオンの自社製DTCP-IP対応製品群で使用していることに加えて、メーカー様の製品にもご採用いただいており、DTCP-IPスタックとして豊富な実績を誇っています。詳しくは採用事例をご覧ください。

DTCP-IPを用いたユースケース例

DTCP-IPストリーミング配信

日本国内のデジタル放送番組や、プレミアムコンテンツと呼ばれる著作権保護を行う必要のあるコンテンツをDLNAホームネットワーク上でストリーミング配信する場合、サーバー側とプレイヤー側の両方でDTCP-IPに対応していなければなりません。これによって、離れた部屋からホームネットワーク越しにコンテンツを再生することが実現します。パソコンにDiXiM Digital TVシリーズ製品をインストールすることによりDTCP-IP対応プレイヤーとしてお使いいただくことが可能になります。

既に日本国内では、AV家電機器やパソコンでDTCP-IP対応製品が販売されています。

DTCP-IP対応サーバーの例:

ビデオレコーダー、TVチューナー搭載パソコン、NAS(ネットワーク接続型ハードディスク)など

DTCP-IP対応プレイヤーの例:

テレビ、デジタルメディアアダプター、パソコン、パソコン用ソフトなど

DTCP-IPムーブ/コピー

著作権保護を行う必要のあるコンテンツデータを、機器間で移動またはダビングを行う場合には、コンテンツデータの送信側と受信側の両方でDTCP-IP ムーブ/コピーに対応していなければなりません。デジタル放送の録画機能を持つ機器からコンテンツを暗号化して送出し、受信側でデータを保存します。もし受信側機器がサーバー機能を持っている場合は、ムーブ/コピー後のコンテンツをストリーミング配信することもできます。

日本国内ではDTCP-IPムーブ/コピー対応機器として以下のような製品が市販されており、今後も対応機器が増えて行くことが予想されます。

DTCP- IPムーブ/コピー送出側機器の例:

東芝Regzaシリーズの一部、DiXiM Media Server for mAgicTV(パソコン用サーバーソフト)、アイ・オー・データ機器 LAN DISK AVシリーズ(ネットワーク接続型ハードディスク)など

DTCP-IPムーブ/コピー受信側機器の例:

アイ・オー・データ機器 LAN DISK AVシリーズ(ネットワーク接続型ハードディスク)など