DigiOn|株式会社デジオン

PRODUCTS|製品情報

DiXiM Audio Media Server

製品ハイライト

DiXiM Audio Media Serverは、ネットワークオーディオプレーヤーにハイレゾ音源を配信するオーディオ専用メディアサーバーソフトウェアです。DiXiM Media Server は、10年以上に亘り、各種NASやPC、そしてTVやレコーダー等のAV機器への圧倒的な採用実績を誇り、幅広い相互接続性を持つネットワークサーバー製品です。DiXiM Media Serverの開発で得られたネットワーク技術に、PC向け波形編集ソフトDigiOnSoundで培ったサウンドデータを取り扱うマルチメディア技術を 取り入れ、オーディオ用途に特化したサーバーソフトウェアとして機能強化を図りました。
過去に取り込んだMP3やAACなどの圧縮音源においてカットされる高音域成分を復元するDHFXと高音質化トランスコーダーにて、リアルタイムにストリーミング配信を実現します。これらは特段な設定することなく、CDS上のオリジナルアイテムとは別のリソースとして配置されるため、既存のネットワークオーディオプレイヤーシステムとの互換性も維持しております。

機能概要

"DHFX"(DigiOn High Frequency Extension)搭載

MP3やAACへ圧縮する際に失われる約16kHz以上の高音域やCD音源の20kHz以上の高音域を予測再現することで、失われた高音域を生成する機能です。

高音質化トランスコード配信

44.1kHzや48kHzの音源を最大96kHzへアップサンプリング、量子化ビットを最大24bitまで拡張します。DHFXを併用することで、過去のライブラリーもハイレゾで蘇ります。

LPCM トランスコード配信

AIFF, FLAC, OGG, WAV, MP3, M4A(AAC,ALAC) , DSD(DSDIFF/DSF) のコンテンツは LPCM へのトランスコード配信に対応します。 CDS上オリジナルとは別のリソースとして配置されるため、より多くの DLNA 対応ネットワークプレーヤーでの再生が可能になります。

豊富なメタデータを配信

DiXiM Audio Media Server では、精度の高いメタデータの抽出を実現。各種サウンドファイルに埋め込んであるメタデータを忠実に取り出します。これにより、アルバムアートを含む、豊富なデータの公開が可能になり、音楽試聴の楽しみが更に広がります。

優れたCDS機能

CDS(Content Directory Service)階層上のコンテンツに対して、CDS:SearchおよびCDS:Browse actionの両方に対応しています。 CDS:Search およびCDS:Browse時には、全メタデータについて、‹Filter›タグによるフィルタリングおよび‹sort›タグによるソートに対応しています。CDS:Searchを用いる場合、SearchCriteriaの設定次第で高度な絞込み検索を行うことも可能です。 SearchCriteria中の記述子として全メタデータを利用可能であり、さらには論理演算子や各種比較演算子、括弧を複数個使った複雑な条件記述にも対応しています。これによって、UPnP規格上で考えられ得る最大級のコンテンツ検索能力を誇っています。

コンテンツカテゴライズ機能

ファイルシステム上でコンテンツが保存されている公開ディレクトリの構造に依存することなく、メディアクラスおよびメタデータに基いてクラスタリングされた階層構造が提供され、コンテンツ が分類、整頓されて公開されます。

AutoSync機能

ローカルのファイルシステム上で対象コンテンツが追加・変更・削除された場合、当該コンテンツの メタ・データが自動的に取得され、CDS階層内のコンテンツ・リストやメタ・データが更新されると共 に、必要なUPnP Control Point 機器に対して NOTIFYメッセージを送信します。

コンテンツ配信機能

実績あるデジオンのDMSは、HTTP 1.1 対応のストリーミング・サーバー機能を持ち、マルチメディア・ コンテンツの配信やDLNAガイドラインの機能に最適化されているだけでなく、DMPに最適なサイ ズのJPEGデータ・トランスコーディング機能や、各種フォーマットのビデオ・オーディオコンテンツ のTime Base Seek及びByte Range Seekに対応したシーク機能を持ちます。

HTTPサーバ機能

マルチメディアコンテンツ用のストリーミングサーバとは別に、HTMLコンテンツの配信を行うHTTP サーバ機能を内蔵しています。

DLNAアップロード機能

DLNAガイドラインのUpload System Usageのアップロード先DMSとして動作します。 Create AnyContainer Operationのみならず、OCM:Upload Content, OCM:Create Child Container, OCM:Destroy Item, OCM: upload content with OCM:destroy itemの各 オプショナルOperationにも対応しています。